オリジナル整体 K-ALLでおなじみ。
太田市整体 大原治療センターです。

本日は脊柱管狭窄症について大原治療センターの個人的理論をお伝え致します。

脊柱管狭窄症とは?

一般的には脊柱管狭窄症とは脊髄が収まっている「脊柱管」の一部が通常よりも狭くなり、神経・血管が圧迫されることから起こる症状で、加齢と共に発症する傾向にあるようです。

脊柱管狭窄症の中でも最も多くみられる腰部脊柱管狭窄症は馬尾神経や血管が圧迫されることで起こります。

神経や血管が圧迫が原因となって発症する為、少しでも圧迫を和らげる前傾姿勢をとると症状が軽くなる傾向にあるようです。

杖・シルバーカーを使って歩くことで症状を緩和することもできます。

しかし症状が長引くとリハビリをしたり、コルセットや薬の服用、時には手術を要することもあります。

 

脊柱管狭窄症と言われる症状

一般的には…

・腰を後ろに曲げた時に痛みが出る

・脚の痛み、痺れ

・長時間歩いたり立ったりできない

・歩いたわけでもないのに足が怠い

・正座していないのに足が痺れる

などです。

 

でも… それって脊柱管狭窄症?

ここからは大原治療センター独自の理論となります。

脊柱管の変形は主に加齢などの原因と言われていますが、大原治療センターでは脊椎に付着している筋肉に過度の負担がかかり筋肉が硬くなって背骨を引っ張ってしまうことで変形すると考えています。

また神経自体は痛みを感じるものではありません。

脊柱管が変形して神経が圧迫されても痛みは起きないということです。

もし神経が圧迫していたら麻痺が生じたり感覚が無くなってしまうんです。

あなたがカラダに痛みや痺れを感じて脊柱管狭窄症と言われたとしても、その症状は脊柱管狭窄症によるものではないかもしれません。

 

では、悩まされているこの症状は?

何度もお伝えしますが、神経は痛みをかんじません。

その痛みや痺れは脊柱管狭窄症とは関係のない症状の可能性があります。

その原因は栄養や酸素不足で筋肉が硬くなったことで痛みや痺れが起こっていると考えられます。

原因不明の痛みや痺れが続くから病院に行ってMRIやレントゲンを撮ってみると脊柱管が変形していたから脊柱管狭窄症と言われてしまった可能性があります。

 

この症状は無くなるの?

硬くなった筋肉を柔らかくして背骨の中を通っている脊髄とカラダ中を巡っている自律神経をしっかり整えてあげるだけで症状は無くなってきます。

これって私の事?って思ったあなた、手術を考えているあなたは一度ご連絡ください。

以上、脊柱管狭窄症についてお伝えいたしました。上記はあくまで大原治療センター独自の理論ですので、ご了承ください。

 

ご相談だけでも構いませんので気軽にご連絡くださいね。

 

背骨が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

LINEで送る
Pocket